こんにちは。
合同会社アートスペース、ブログ担当の西田趣理です。


先の日曜日、11月29日(日)は函館音楽協会の秋季定期演奏会を聴きに行ってきました。
みなさん素晴らしい演奏でした!
中でも印象的だったのは「唄」の演奏。
西洋の音楽が続く中で和風の曲が演奏されるのは、なんともインパクトがありました。

私はクラシック音楽に関わり、学ぶ機会が多いのですが、個人的には現代音楽や民族音楽にも興味を持っています。
今回は、日本の伝統的な「唄」の歌唱とピアノという和洋折衷の独特な雰囲気で、非常に楽しませていただきました。
その歌唱法にも学ぶところが多く、一層日本の民族音楽への関心が高まる演奏でした。


気がつけば12月。すっかり肌寒い季節になりました。
体調を崩しやすい多い時期ですから、みなさんもお気をつけくださいね。