こんにちは。合同会社アートスペース、ブログ担当の西田趣理です。

只今、音楽教室は年末年始のお休みを頂いております。

今回はお休み中の記事、第二弾。歌のボイストレーニングについてです。

特にポップスなど、歌謡曲を歌える教室が意外と少ないからか、当教室は老若男女を問わず、また目的も様々な方が歌を歌いに来てくださっています。
今回は、ボイストレーナーって何をやっているの?というお話です。
もちろん全てのトレーナーさんが同じではありませんので、あくまで私はこういうことを思ってレッスンさせていただいています、ということを書きたいと思います。

少々長いので、下記の「続きを読む」からご覧ください。
「ボイストレーニング」の文字通り、声の訓練のお手伝いをするのが「ボイストレーナー」だと思っています。
では、声の訓練とは何なのでしょうか。
喉(声帯)というのは生まれ持ったものですし、喉を入れ替えて差し上げることは叶いません。
しかし、歌っていただくと、今その人の身体のどこに力が入っているか、逆にどこに力が入っていないか、息はどのくらい肺に入っているかなどが分かります。
そこで、今一番弊害になっているところを見つけて、身体の使い方を変えたり、一緒に訓練をしたりして、楽に良い声が出るように整えていくというのが、私が普段レッスンさせていただいていることです。

もちろん、声のことだけではなく、その人の興味や進度に合わせて、音楽の作りや、歌詞についての考察などもしています。
歌詞…言葉について、理解を深めさせてくれたのは、喋り言葉を学んだときでした。
現代の曲はテンポの早い曲が多いですが、それでも言葉を考えて歌うとガラッと違う表情になるものもあります。
生徒さんがある曲を歌ってくださった後、「この言葉はこういう意味だと思うんです」とお話をすると「…ちょっと泣きそうになりました」とおっしゃり、もう一度歌ったときにはとても魅力的な歌い方に変化した方もいらっしゃいました。
声や身体のことももちろんですが、その曲を深く考察することも、より良い歌を歌うために不可欠なことだと思っています。


毎日声を聴かせて頂いていて、興味深いと思うことの一つに、心と声の関係があります。
別に当てようとしているわけではないのですが、声からその人の体調や心の調子まで当たってしまうことがあるのです。

発声練習の途中、何気なく「今日はお疲れでしょうか?肩に力が入っている声に聴こえるので、力を抜きましょう」というと、「実はあまり眠れていないんです」と生徒さん。
また別の日に、「今日は調子がいいですね!」というと、「たっぷり寝ました!」と。
その後「ただ…、身体の方は良いけれど、少し気持ちの方の気合が入りすぎているようにも聞こえます」というと、驚いたように笑って「実はこの後大切な予定がありまして…」とのこと。

もちろん、個人差はありますが、声と心が密接につながっているのは確かなようです。
発声練習をしていると、まるで瞑想しているようで心が穏やかになるとおっしゃる方や、
最初は歌が上手くなりたいという目的のみだったけれど、今はそれ以上に心の安定をチェックするために来ているという方もいらっしゃるほど。
声の訓練と言いつつも、心や身体の調子を整えるお手伝いでもあったのかもしれません。
なんにせよ、歌がみなさんの生活を少しでも明るいものにしてくれていたなら、こんなに嬉しいことはありません。

次回にて、この一連の記事は一旦終了とさせていただきたいと思います。
第三弾は具体的なボーカルレッスンの内容についてです。
歌やってみたいな、とお思いの方がいらっしゃいましたら、是非ご覧ください。